薄毛とフケとの関係とは?

薄毛とフケとの関係とは?

頭皮環境が悪いと、薄毛が引き起こされやすい状態と言えます。

 

そんな頭皮環境の悪さを見極めるサインとして、フケがあります。

 

フケは、頭皮の新陳代謝によって起こるもので、古い細胞が剥がれ落ちたものです。

 

フケが出ることは自然な現象ですが、あまり大量になると頭皮環境の悪さを疑わなければまりません。

 

フケが多くなる原因としては、頭皮の乾燥、頭皮の皮脂の分泌過剰があります。

 

全く異なる二つの原因ですが、どちらのタイプのフケも薄毛に繋がる可能性があるのです。

 

まず、乾燥によるフケは、シャンプーのやり過ぎなどが主な原因となっています。

 

頭皮を清潔にすることは大切ですが、あまりやり過ぎると頭皮の皮脂を取りすぎてしまいます。

 

洗浄力の強いシャンプーは、特に注意が必要ですね。

 

そして、脂性のフケの場合もシャンプーが原因となることもあります。

 

こちらは、シャンプーのすすぎ残しによって頭皮に菌が発生してしまうことがフケへと繋がります。

 

また、揚げ物やスナック菓子など脂肪分の多い食品を食べ過ぎると、頭皮がべたついてフケに繋がることもあります。

 

フケが大量に出ると、フケが毛穴に詰まってしまって頭皮環境を悪くしてしまいます。

 

さらに、フケによる痒みで頭皮をかきむしることで、頭皮に傷がつき、さらなる頭皮の乾燥、頭皮環境の悪化を引き起こしてしまうのです。

 

まずは、フケを予防することで、薄毛の改善にもつなげていきたいですね。

 

フケが原因となり20代でAGAになってしまう可能性もありますので注意が必要になります。